持続可能性–私の影響、進歩、ストーリー

投稿:
聖火リレートーチ パイパー

Piper

私はパイパーです。NCUKアンバサダーであり、持続可能な倫理的なビジネスを専門とする経営学部の2年生です。 マンチェスター大学。 私は子供の頃から自然に魅了されてきましたが、年を重ねるにつれ、環境保護を提唱するようになりました。

大学で経営学を勉強しようと決心したのですが、当時はビジネスとサステナビリティはあまり関係がないと思っていたのですが、どういうわけかサステナビリティと結びつけたいと思っていました。

しかし、私の大学が持続可能性の専門分野を提供していることを知り、私はこの道を追求するようになりました。

 

私の学位プログラムは、ビジネスの文脈で持続可能性について学ぶいくつかの機会を与えてくれました。 たとえば、私は17の持続可能な開発目標に関するモジュールを受講しました。 これにより、持続可能性がいかに複雑であるか、そしてジェンダーの不平等、教育の欠如、貧困などのさまざまな社会問題がすべて主題とどのように絡み合っているかについての洞察が得られました。 このモジュールはまた、ビジネスがより持続可能な社会を構築する上で重要な役割を果たしていることを教えてくれました。これは、私がビジネスの学位を取得することを選んだ理由を強化するのに役立ちました。

The University of Manchester

 

留学は私の持続可能性に対する見方を確実に前向きに変えました。 私は、英国がどのように持続可能性を支持しているかを理解し、これらを私の母国にどのように適応させることができるかを分析しようとしています。

留学生であることで、サステナビリティに関するさまざまな見方を共有し、耳を傾けることができ、自分の人生や就職時にサステナビリティに関するより多くの情報に基づいた決定を下すのに役立つことを願っています。

今後は、人間としての相互作用だけでなく、環境との関わり方にも気を配ることが重要だと思います。 私たちの現在の生産、消費、廃棄の速度では、地球は私たちをサポートすることができず、私たちがいくらかの進歩を遂げている間、国連(UN)によって設定された2030年の期限までにやるべきことがまだたくさんあります。 多くの企業が持続可能性を事業に統合し始めており、私が労働力に入るときに、学位から得た知識と経験が私たちの進歩を改善し、前向きな変化になるのに役立つことを願っています。

パイパーは持続可能性を日常生活に取り入れており、植栽とリサイクルを通じて人々が地球を支援する方法について、チャットを通じて生徒のページに投稿しています。

Piper incorporates sustainability into her day to day life and has posted via our Chat to our Students page about ways in which people can help support the planet through planting and recycling!

学生として、私は日常業務の持続可能性に貢献しようとしています。 たとえば、食料品を買うときは自分のバッグを持参し、電力消費量に注意を払い、使い捨てプラスチックの使用を拒否します。 さらに、私は現在、世界最大の青年組織であるAIESECのメンバーです。 AIESECは主に交換プログラムを促進し、これらのプログラムが持続可能な開発目標と一致することを保証するために国連と提携しています。 将来的には、企業のCSRまたはサステナビリティ部門の一部として企業の世界で働き、サステナビリティの前進を支援したいと思っています。

読者の皆様には、このブログが何らかの形でサステナビリティに貢献するきっかけとなることを願っています。それは全員の責任です。 あなたがインパクトを与えることを知ってください、それで良いものを作ることを忘れないでください!

持続可能性や大学での彼女の時間についてもっと知りたい場合は、パイパーと話してください。 こちらをクリック 学生ページへのチャットにアクセスします。